マンドリンの各部材料

 マンドリンは基本的にヘッド、ネック、ボディの3部分から構成されている。ヘッドには弦巻きのギアが取り付けられネック(竿)と接続されている。ネック(竿)にはナット(上駒)、指板が取り付けられ、ボールバックマンドリンの指板はフラットでフレットが打ち込まれている。ボディは半球形の共鳴箱と表板および4コース8本の金属弦からなり、表板には駒(ブリッジ)、ピックガード、アームレストなどが取り付けられている。共鳴箱は細長い板片をリブとして複数枚貼り合わせて半円球状に形成され、これに袖板、底板、緒止め(テールピース)などが取り付けられている。ボディがネックに接続されている。ネックとヘッドは一体のものもある。各部の材質やスペックは単独で音質への効果や影響もあるが、各部相互の関連や品質バランスによっても結果は異なる。

表板 響板 トップ

スプルース

 ヴァイオリン、リュート、チェンバロ、ピアノなどヨーロッパの弦楽器の表板や鍵盤楽器は伝統的にスプルースが使われている。大部分のマンドリンの表板もスプルースが使われている。スプルース (spruce)はマツ科トウヒ属ピセア種の常緑針葉樹。楽器に使われている代表的なスプルースはドイツ松(German Spruce)ドイツトウヒ、ドイツ(ジャーマン)スプルースとかヨーロピアンスプルースと呼ばれている。ドイツで黒い森と呼ばれるフランス国境に近いシュバルツ・ヴァルトの木が代表的。ここはドイツトウヒの木が植林され、森として残っている。ピセアは樹脂を意味している。スプルースは樹皮、木、葉、球果にたくさんの樹脂を作り、その量は針葉樹の中では松の次である。

スプルースの種類
 スプルースの仲間では他にエンゲルマンスプルース、シトカスプルース(ベイトウヒ 米唐檜)、アラスカスプルース、エゾ松などがある。現在最も多く使われているのはシトカスプルースだろう。スプルースは振動伝播速度が速くまた、ヤニ成分があるため粘り強い。材料に音の振動を加えたときの立ち上がりが良く、復元力があり、減衰時間が長いことから楽器に適している。難点は楽器になってから鳴るようになるまで時間がかかること。松材は伐採してから250年で最も強度が出て、500年経った時に伐採時の強度に戻ると言われている。現在、北イタリアやスイスのスプルースが楽器には最適とされている。スプルースとだけ書いてあるのは通常シトカスプルースが多い。1940年頃までは北米東部に分布していて、レッド・スプルースとも呼ばれるアディロンダックスプルースが使われていた。単位質量当たりの剛性に優れているため音量が大きく良く響くが、航空機材料として乱伐され、今では稀少材となっている。ヨーロッパでは産業革命以後、大規模な森林破壊により良質のスプルースは年々減少している。

セダー

 松材とともに杉材(Cedarセダー)も利用される。米杉とかウェスタンレッドセダーと呼ばれ、ギターではギター製作家のラミレス3世が使い始めて、一般的に使われるようになった。比較的柔らかい材質のため、音質は暖かい甘めのトーンだが、側裏材に硬い木材を組み合わせることで、鳴りと音質を向上できる。セダー材はヤニ成分が少なく、スプルースほど粘りがないが、比較的早く木材として使えて加工もし易く、完成直後から大きな音の鳴りを発揮する。
 カラーチェのクラシコAは従来のスプルースからセダーに変わっている。また、英国のFylde やAshburyのフラットマンドリンはセダーのトップを使用している。図は左からスプルース シトカスプルース ウェスタンレッドセダー

単板、合板

単板

 「単板」とはその名の通り一枚板のこと。柔軟に振動するので音色は優れている。厚さは2.8mmから4mm程度のものを利用する。昔の板取りは大きな鉈を使い、木目に沿って裁断したものを使っていた。今ではバンドソーなどで木目方向にかかわらず裁断するため、繊維が斜めに切られ、音が伸びないといわれる。

合板
「合板」は楽器の場合、スライスした薄い3枚の板を重ね合わせて構成されている。張り合わせの板なので振動特性は良くないが、価格を抑えられる。
 単板といっても左右で接ぎ合わせる事がある。これをブックマッチ(2枚接ぎ)と呼び、一枚の板を半分にして木目を左右対象にする。なお、フランスのジェラ(GELAS)は表板が2枚となっているフラットバックやボールバックの楽器を1910年から1930年頃に製作した。
 平面で見ると木目がきれいに(平行に)そろっていても木口(脇)から見たときに木目が斜めになっているものは木取りの時に柾目でなく板目取りになっているためで反りやすい。

サウンドホール 音口 響孔

サウンドホールの形状

 サウンドホールは楽器の表板に開けられている穴。弦の振動に表板やボディが共鳴し、この共鳴音が表板のサウンドホールを通じて外に出る。 40mm×70mm~85mm程度の楕円形(オーバルホール)または変形、円形のもの、小さな穴のいくつか開いているもの、フラットマンドリンではf型、三日月型などがある。右側のサウンドホールが低音側に寄っているタイプは低音が響くことを意図している。
インレイ 

 サウンドホールの周りなどの装飾はインレイと呼ばれる。飾りのない楽器もある。飾りの種類でシンプルなのはCAB(キャブ)と呼ばれる細長いテープ状の素材で、厚さは0.3mm~2.0mm、色は黒、白、アイボリー、茶の4色がある。ギターなどで使われる口飾りはロゼッタと呼ばれモザイク模様となっている。これは通常、染色した木材で作った寄木細工のもの。
 凝った装飾では天然貝であるアワビやメキシコ産アバロン貝、パウアシェル 白蝶貝やセルロイド、アクリル、模造大理石、金属などを使っている。古い楽器では非常に手の込んだ装飾を施したものがある。なおギター用の寄せ木細工には既製品もある。

折り山 傾斜

 ラウンド(ボール)バックのマンドリンは通常、表板に折り山があり、その直上にブリッジ(駒)が置かれている。この折り山と裏側に取り付けられた力木のあることで弦の張力に耐える剛性を持ち、ブリッジを強力に支えている。またブリッジ上で弦を大きく曲げることで弦張力を得やすく、弦の不要な振動を抑えられる。

ピックガード 義甲板

 ピックが表板に当たることを防ぐ板で、英語ではスクラッチプレート (scratchplate) 、フラメンコギターでは「ゴルペ板」「ゴルペアドル」(golpeador) と呼ばれる。
 実用目的以外に、楽器の装飾のために使用されることもある。マンドリンでは鼈甲または鼈甲風模様の合成樹脂ガラライトの他、アクリル樹脂、ウォルナット、メイプル、その他、金属や真珠貝、アワビ、白蝶貝といった材料も用いられる。逆にピックガードの個性を無くしてトップのガード機能を持たせた「透明」のピックガード(クリアマイラー製など)があり、これを使った楽器を加納木魂氏や吉本煌貴氏が製作している。 (図は加納木魂 M-60) (力木・ブリッジ・ナット へ)