マンドリンの特徴と木材の性質

 現在のラウンド(ボール)バックのマンドリンは1835年頃ナポリの弦楽器製作者パスクアーレ・ビナッチャ(Pasquale Vinaccia)により考案された。その特徴は従来のマンドリンに比較してボディの容量を増やすことで表板とボディの共鳴効果を上げ、金属の複弦と機械式弦巻きにより音量を増やし、指板を表板の上までのばして高音が弾けるようにしたことなどであった。その後もいろいろな試みや改良が加えられている。但しボディの容量を増やしたことにより立って演奏することが困難となった。
(図はA History of Mandolin Constructionより)

マンドリンと弦の関係

 弦長(Scale length)は上駒(ナット)から下駒(ブリッジ)までの長さで、この寸法を元に楽器が設計され、修理や調整時の基準となる重要な寸法である。現在のヴァイオリンやチェロでは標準化されていて、ヴァイオリンでは325mmヴィオロンチェロは695mmである。しかしながら、マンドリンの大きさは現在でも弦長325mmから358mm程度と楽器により異なっている。カラーチェのクラシコBや鈴木マンドリンの 弦長は336mm、野口 SA 345mm、大野OM1 340mm OM2 335mm。また、フラットマンドリンの代表であるギブソンはAモデルが358mm(14 1/8インチ)、F5モデルは352mm(13 7/8インチ)が規格となっている。
 また各種の弦が販売されているが、それぞれの楽器のスケール長に適した正しい弦の選択が必要となる。具体的には弦のゲージ(太さ)、材質、基準音程で楽器に張った場合の張力や音質などを確認し、奏者の弾き方や好みによって選択する。

温湿度の影響

 マンドリンの材料は各種の木材が使われている。木材は時間とともに乾燥し収縮する。木材の種類と木目方向の縦横で収縮率が異なる。このため一定の湿度の場所で乾燥させ、安定させてから楽器の材料としている。一般的に米国では木材の水分量を6~8%、欧州では12~15%になるまで乾燥させている。ホットプレスで熱を加えた乾燥で5年から10年、自然乾燥では10年から30年寝かせる。代々楽器を製作しているイタリアの工房では100年前の素材もあるそうだ。同じ木材でも中心の赤味部分より周辺の白太(しらた)は水分量が多いため、十分乾燥させる必要がある。参考までにイタリアのパレルモと東京の気候差は下記のようである。

日本とイタリアの気候
  イタリアのパレルモ
   7月の平均気温25.6度 降水量6.0mm
   1月の平均気温10.3度 降水量141.0mm
  東京
   7月の平均気温25.8度 降水量154.0mm
   1月の平均気温6.1度 降水量52.3mm

 楽器に適切な環境は湿度40%~50%、温度20~25度程度であり、日本の太平洋岸では夏は高温多湿、冬は乾燥しており、ほぼ年間にわたって湿度管理が必要である。保管の場合はハードケースに入れ、湿度調整剤などにより調整する。そして週に数回は弾くことが良い。ヨーロッパの演奏家は梅雨時には日本に来たがらないし、もし来るときは「最も良い楽器は持ってこない」という。乾燥や熱によりネックのそり、フレットのバリ、ブレイス(力木)剥がれ、塗装の割れなどが発生する。

膠による接着

 木の接着には伝統的に膠が使われているが、最近はタイトボンド(米フランクリン社)も使われるようになっている。この接着剤は膠よりも耐熱温度が高く日本の気候に合っていると言われる。

 膠は、古来から使われてきた牛や鹿など動物の皮革や骨髄から採られる糊であり、溶解温度は60度から70度。40度以上で軟化する。このため楽器などで修理の必要な場合は熱を加えて必要な部分をはがすことができる。接着の際の水と膠との配合比率や圧締圧力や圧締時間によっても接着力に大きな差がでる。なお耐水性、耐湿性の向上にはホルマリンを使っている。

 楽器を熱いところに置いておくのは避けなければならない。夏の暑い時期に車の中などに置いておくと膠が軟化しはがれることがある。また、冬の室内でストーブを使っているところに置いておくと、乾燥のため楽器が割れる恐れがある。

木材の性質

 マンドリンに使用されている木材は多岐にわたるが、音質や耐久性に影響を与えるのは使われている樹種だけでなく、木の生育環境や木取りなど多くの要因がある。すなわちその木の育った場所がどこの産地(国・地域)でどのような土や温湿度などの気候風土なのか、山の南面、北面、頂上付近、それとも平地なのか、間伐材などの管理は行われているのか、伐採したときの樹齢や幹の太さ、楽器に利用している部分は中心部の赤味か周辺の白太(しらた)も使っているのか、中心部を通した芯材、芯を外した芯去り材、柾目と板目など木取りは、などなど。詳しくは木工関連の資料を参照されたい。最近は良質の木材が手に入りにくくなっているため、本来の樹木に似た素材を利用したり、塗装で良質の木材に見せかける事などもあるそうだ。
 乾燥による変形には種類があり製材の木取りの仕方、成育時の内部応力、年輪の幅などの要因によって、変形の形はさまざまなものとなる。

 木口面での変形は、木取りとの関係から見るとおおよそ図に示すような変形が出てくる。
変形の形状は、幅反り、縦反り、ねじれ、弓反りなどに分けられ、それぞれの名称がつけられている。(図はものつくり大学 ものつくり研究情報センター「大工木工技能」より)左から木取り 幅反り ねじれ 縦反り 弓反り (マンドリンの各部材料・表板へ)