塗装

塗料の種類

  楽器の保護のために塗装は必要だが、塗装が厚いほど楽器の振動を抑制する。塗膜が厚い順にラッカー、ポリエステル、ポリウレタン、カシュー、乾性油(リンシードオイル等)、シェラックなどがある。マンドリンの表面塗装は主にラッカーが使われている。
 木材は塗装によって色が変わる。これをぬれ色と言うが、ラッカー系の揮発性塗料はぬれ色が小さく、木材の特徴をそのまま生かす事が出来る。スプルースなど松科の樹種を白木仕上げにするにはアクリルラッカーが適している。またラッカー塗装は扱いやすいことと艶がいいことでも広く好まれている。ただし塗膜が最も厚いラッカー塗装では気候の変化による木材の収縮に塗装の収縮が間に合わず、「ウェザーチェック」と呼ばれるヒビ割れが入ることがある。そのため、日本の気候に対応するにはウレタン塗装の方が良いともいわれる。ただし、ポリウレタン塗装は光に反応して黄変する。

シェラック塗装

 シェラック(shellac)は東南アジアの亜熱帯地域に多く生息する「ラックカイガラムシ」と呼ばれる虫の分泌物からできている。この分泌物を精製した後、アルコールに溶かして利用する。昔からヴァイオリンやギターの塗装として使われてきたシェラック塗装はポリウレタンの10分の1程度と塗膜を極めて薄く仕上げることが出来、木材の振動を妨げず良い音が得られる。

 シェラックは精製の度合いにより、いろいろなグレードがある。形態としては採れたままのスティック状、粉砕または板状に成形したものなど。精製過程は不純物を濾過、脱蠟、脱色、漂白などだが、楽器に使用する場合は精製するごとに音質は低下すると言われている。シェラックは楽器用としてはメタノールを10%含んだエタノール(メチルスピリッツ)に溶解することが多い。

シェラックの塗装方法

 伝統的な塗装方法はフレンチポリッシュと呼ばれる方法で、シェラック溶液をタンポに染み込ませて、擦り込むように塗っては乾かすことを何度も繰り返す。シェラックは乾燥するまで時間がかかり、2週間程度は必要とされる。また、塗膜が薄いため傷つきやすく、熱にも弱い。硬化するまでは水分、アルコールなどにも触れないように注意が必要である。最近またシェラック塗装が増えてきている。たとえば野口のArtistシリーズやカラーチェなど。カラーチェマンドリンでは16bisやクラシコA、Cは表面がシェラック塗装、それ以外の部分はラッカー塗装となっている。最近は全面シェラックのものもあるようだ。

(ピックと弦に関してはマンドリン音楽のピックと弦を参照)