マンドラの音域

最近のマンドラは2オクターブ(24フレット)までフレットが打ち込んである。
E線(1番線)の7度上のDまではメロディーとしても使える音域である。それ以上はヒステリックな音となる。
 低音のG線は倍音の少ない、大人しくて、やや鈍い音といえる。G線の低音域のメロディーはマンドロンチェロのG線のほうが響きがよい。
 鈴木静一のスペイン第2組曲第3楽章ではオクターブと3度上のGがffで出てくる。