教則本

 マンドリンの演奏技法の教則本に関して日本ではオデルが最も普及している。またムニエルの教則本も全音楽譜出版社から発行されていて、これも多いようだ。ヨーロッパでは多くの教則本が発行されている。ムニエルの教則本は1890年頃、オデルマンドリン教則本は1906年の出版であり、いずれも19世紀末から20世紀初頭のロマン派の時代様式にあっているといえる。
 基本的な技術を身につけた奏者はオデルだけでなくヨーロッパの教則本や竹内郁子、川口雅行の教則本なども参考にするとよいだろう。また、合奏に参加するには古典的な曲であってもオデルの3巻まではマスターしておく必要があると思われる。

 海外では下記のような教則本も出版されている。

Calace, Raffaele – Mandolin Method (Engl.)
Bernard Bouillon – Méthode de Mandoline.
Marilynn Mair – The Complete Mandolinist
Claude Sirois – Méthode de mandolin
Hosanne Collet – Méthode de mandolin
Delgrosso, Rich; Hal Leonard Mandolin Method
Heinrich Albert – Der junge Mandolinist

 18世紀に出版されたレオーネ(Gabriele Leone)の教則本があるが、これにはアルペジオのパターンが多く載っていて参考になる。

 

フラットマンドリン用の教則本もコードやアルペジオを学ぶのには良い。

 ジャック・タトルの「ブルーグラスマンドリン」
 Teach Yourself Bluegrass Mandolin など。
フラットマンドリンでバッハを弾こうという教則本もある。ただしタブ譜となっている。
 BUTCH BALDASSARI / BLUEGRASS MANDOLIN WORKSHOP
 BUTCH BALDASSARI / YOU CAN PLAY BLUEGRASS MANDOLIN 1
 BUTCH BALDASSARI / YOU CAN PLAY BLUEGRASS MANDOLIN 2

日本のマンドリン音楽の実情

 2009年11月 に柴田高明氏が日本のマンドリン教育についてヨーロッパで報告するための調査結果を掲載している。調査時期は2008年4月~8月
これによれば
 •10歳代(中学生)以降で合奏団に所属して始める。
 •合奏に入るまでの練習期間は6ヶ月以内
 •オデルまたはムニエルによるマンドリン教本を使用
というもので、10歳以下でマンドリンを始めている人は皆無との調査結果であった。
このような状況をヨーロッパでは驚きを持って受け止められたという。