マンドリンの最高音

 マンドリンのフレットは通常19フレット(E線のオクターブ上のB)までは打ち込んである。これはサウンドホールのほぼ上(ネック寄り)の位置になる。更に高音までフレットを延ばし、サウンドホールの真ん中あたりの24フレット(E線の2オクターブ上のE)まで打ち込んであるもの、2オクターブと4度上のAまで29フレット打ち込んだ楽器もある。ただし、この場合は一部のフレットが省略されている。古い楽器では17フレットまでのものもある。オールドマンドリンと言われる100年ほど前の楽器でもビナッチャやカラーチェの楽器は24フレットまで打ち込まれている。

 合奏曲でも順次上昇するメロディーではオクターブ上のAは良く出てくる。実用上はオクターブ上のB(ドイツ式ではH)となる。鈴木静一の細川ガラシャのクライマックスで19フレット目の”B”が速いパッセージのピッキングで出てくる。
 遅いパッセージで高い音を綺麗に出すには指よりも爪で押さえるようにすることが必要となる。

 マネンテの「凱旋門」に出てくる高いB(H)、クワルティノと重ねている。
  なお、マネンテの曲は吹奏楽からの編曲ものが多いために、この部分はフルートまたはピッコロのパートを移していると思われる。

アマデイの英雄行進曲

   高音域になると音程の乱れが気になることがある。駒位置が正しい位置に固定されていないと高音域で音程がずれる。少なくとも12フレットでの押弦とハーモニックスの音程の違いを時々は確認することが必要である。駒がずれたり、長期の使用による弦の圧力で駒が表面板に沈み込み音程が狂うことがある。

 カラーチェのソロ曲ではE線の2オクターブと3度上のGが出てくる。左の楽譜はナポリ風狂詩曲(Rapsodia Napoletana)。