マンドリンの歴史と日本のマンドリン合奏黎明期

バルバットからマンドリンへ

 マンドリンの源流を探ると、古代ペルシャのバルバット(barbat)に行き着く。アラビアでこれがウード(oud)となり、シルクロードを西に伝わり、ルネッサンス期からバロック期にかけて人気のあったリュートが派生した。一方、東に向かったバルバットは中国で琵琶となり、日本で雅楽に使われる楽琵琶をはじめ、平家琵琶、薩摩琵琶などになった。マンドリンはリュートから派生したマンドリーノとも呼ばれるマンドラが起源であり、1620年にイタリア・ヴェネツィアのパロッキ(Parocchia)によって考案された小型版がマンドリンと呼ばれている。ヴァイオリン製作者で有名なストラディバリウスも当初マンドリンを製作していた。

マンドリンの改良
 初期のマンドリンはバロックマンドリンといわれ、6コースのガット弦をもつ。その後、イタリアのパスクアーレ・ヴィナッチャ(Pasquale Vinaccia1808?-1882)がナポリ型を参考に改良し、4コース8弦の鉄弦と機械式糸巻きを持つ形となり、それを継承した息子のジェンナロとアキッレの兄弟がヴィナッチャ兄弟社を設立、多くの優れた楽器を製作した。更にカラーチェ兄弟が楽器の品質向上を図り、現在に続いている。なお、カラーチェの楽器はその60%が日本向けだといわれている。

ヨーロッパのマンドリン音楽
 19世紀から20世紀にイタリアでのマンドリン演奏はマルゲリータ女王など王室のバックアップもあり、隆盛を極めた。1870年代の終わり頃にはプロの名手も増加し、マンドリンアンサンブルが形成された。残念ながら、第一次大戦後は衰退し、その後1920年代から再度盛り上がりを見せたが、第二次世界大戦で痛手を負ってしまった。

アメリカのマンドリン音楽

  アメリカでは19世紀の後半にマンドリンオーケストラの音を大部分のアメリカ人が聞いたことがなかったため興味を持たれ、行進曲、ダンス曲、序曲などあらゆる種類の音楽に適用された。1908年には、フィラデルフィアの教師で出版社のハーバート・フォレスト・オデルが雑誌「クレッシェンド」を出版した。また「マンドリンオーケストラ」と題する90ページのマニュアルが1913年に出版されている。

 しかしながら第一次世界大戦後、静かで美しい平和的なマンドリン音楽は興味を失われ、ディキシーランドジャズなどに取って代わられた。現在ではミルウォーキー・マンドリン・オーケストラなどが古典的な楽器の演奏として残っている。(マンドリニスト ウォルター・カーターによる)

日本のマンドリン音楽

 日本では比留間賢八が1901年にイタリアからマンドリンを持ち込み、指導者となった。彼に指導を受けた人の中には詩人の萩原朔太郎、画家の藤田嗣治、作家の里見敦等がいる。また、娘の比留間きぬ子もマンドリン奏者として多くの人に教育を施した。1910年から20年代にかけて多くのマンドリンクラブが創設されている。たとえば、慶応義塾マンドリンクラブは明治43年(1910年)に創立されている。大正4年(1915年)萩原朔太郎が前橋で結成した「ゴンドラ洋楽会」は「上毛マンドリン倶楽部」に発展し、戦後の「群馬交響楽団」誕生の母体ともなった。宮内省楽部長だった武井守成がマンドリンの楽団を創設したのも同じく大正4年。その翌年、シンフォニア・マンドリニ・オルケストラと称し、大正12年にはオルケスタ・シンフォニカ・タケヰと改称。また仙台市の仙台マンドリンクラブの前身はアルモニアというマンドリン合奏団が澤口忠左衛門により大正12年(1923年)に創立されている。同じく大正12年明治大学マンドリン倶楽部設立。このように大正時代は日本のマンドリン音楽の第一隆盛期となった。その後衰退したが、戦後、団塊の世代が大学生となった1960年代にクラブ員が増大、これに対応して鈴木静一、服部正、大栗裕らが新たな作曲活動を行った頃が日本のマンドリン合奏第2の隆盛期といえる。

 次の楽譜は1740年に作曲されたVivaldiの「合奏協奏曲ハ長調P133」である。いろいろな楽器の協奏曲と呼ばれ、多くの楽器が使われている。それらはフルート2、サルモ2、トロンバ・マリーナに似せたヴァイオリン2、マンドリン2、ティオルバ2、ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロ、コントランバス、通奏低音(チェンバロ)というもので、ヴェネツィアの慈善院付属音楽学校の少女たちによって演奏された。