マンドリンオーケストラの大編成

イタリアの大編成マンドリン合奏 

 イタリアでは1870年のナポリ海浜博覧会のために組織された100名を超える大規模な合奏が行われている。

 ブランツォリ(G.Branzoli)の「望まれし日」(GIORNO DESIATO Capriccio)はマンドリン4部、マンドラ、マンドロンチェロ、マンドローネ、ギター、アルモニウム、アルパとティンパニ(中野二郎により編曲)

 シ ルベストリー(Primo Silvestri)の「夏の庭」(Giardino Estato,crepscoro)はクワルティノ2部、マンドリン6部、マンドラコントラルト2部、マンドラテノーレ3部、マンドロンチェロ2部、マン ドローネ(バス)、ギター、トライアングル、シストロ(打楽器の一種)というマンドリン族の大編成のものである。なおシルベストリーの作品にはオッタ ヴィーノというマンドリンの1オクターブ上の楽器の記載もある。

ドイツの大編成マンドリン合奏

 ドイツの作曲家コンラート・ヴェルキは管楽器や打楽器を加えた編成の作品を1920年代に作曲している。たとえば序曲嬰へ短調(Overture Fis-Mall)ではフルート2、オーボエ1、クラリネット2、バスーン(ファゴット)1、ホルン2、およびマンドリン1,2、マンドラ、マンドロン チェロ、ギター、コントラバスの弦6部となっている。その後、ツプフ・オーケストラの台頭とともにヴェルキの作風も小編成化の方向となった。

 同じくウィリー・アルソフの交響曲も、Fl、Ob、Cl、Bn、Hr、打楽器の組み合わせ、ゲルハルド・ローゼンシュテンゲルはFl、Ob、Cl、Bnの木管楽器を含むマンドリンオーケストラの曲を書いている。

鈴木静一の大合奏曲

 鈴木静一作曲の8楽章からなる「交響的幻想曲シルクロー ドop.50」の編成はフルート2、オーボエ1、クラリネット2、ファゴット1、ホルン1、トロンボーン1、マンドリンⅠ,Ⅱ、マンドラ、マンドロンチェ ロ、ギター、コントラバスの弦6部とティンパニ、大太鼓、シンバル、スネアドラム、トライアングル、タムタム(銅鑼)のほかチューブベル、古代シンバル、 駱駝のベルなど非常に多くの打楽器が使われている。その他、「平家物語」「パゴダの舞姫」「天草キリシタン」「失われた都」なども打楽器以外は同様で、こ れにピアノが入った編成となっている。(写真は2014年 鈴木静一展HPより)

管を含むマンドリン合奏の大編成

 こうしてみると大編成のマンドリンオーケストラではフルート2、オーボエ1、クラリネット2、ファゴット1、ホルン1~2、ティンパニその他の打楽器およびマンドリン1、2、マンドラ、マンドロンチェロ、ギター、コントラバスの弦6部が標準的といえるのではないか。

中野二郎が打楽器やコントラバスなどの低音部を追加した編曲を多く残している。また、河野直文がフルオケ版と呼ぶ木管楽器などを入れた編曲を数多く行っている。

中村弘明の大合奏作品

 コマーシャルソングなど800曲あまりの曲を残した中村弘明は青山学院の学生時代にマンドリンクラブに在籍し、コントラバスと指揮を担当していた。マンドリンオーケストラの作曲も学生時代より行っており、「死の谷」ではトランペットやシロフォン、コンボオルガン(シンセサイザー)も使われ、「6楽章のオラトリオ」ではフルート2、オーボエ1、クラリネット2、ファゴット1、トランペット2、トロンボーン2、ホルン2、ティンパニ、大太鼓、シンバル、シロフォン、ピアノ、キーボード、弦6部、女性二重唱とスチールギター、ヴィオロンチェロ、エレキベースによるコンボ、更に混声合唱とナレーションの組み合わされた作品を残している。残念ながらコンボの楽譜がないなどの理由で再演されたことはない。なお、「死の谷」を佐藤智彦が3管編成にアレンジし「死の谷メタモルフォーゼ」として1974年に演奏している。

その他、1990年代以降にもオーストラリアの作曲家などで比較的大きな編成の作品がある。(例)Robert Schulz,AUSTRALIA

(モノクロ写真は青山学院大学リズムマンドリーノ第11回定期演奏会 1972年)