楽器の弦長による音程と音域のバランス

マンドリン族の弦長バランス

 マンドリンの弦長(スケール)は33.5cm程度であり、マンドラテノーレは44cm程度である。マンドラの4弦G線でマンドリンのG線の解放の音を出すにはオクターブ上なので22cmとなる。マンドリンに比較してオクターブ下の音を出すには弦長は短いといえる。マンドロンチェロは弦長57cm程度であり、3弦G線のオクターブ上は28.5cmとなりこれもやや短い。日本ではあまり使われないがマンドラコントラルトはマンドラテノーレとほぼ同様の弦長だが4弦はC音なのでG音の長さは30cm程度とバランスがよい。

低音楽器のバランス

 ギターの65cmとコントラバスの108cmを比較するとコントラバスの4弦E線でのギターのE音はオクターブ上なので54cmとなり、ギターの弦長は長いといえる。またギターの6弦E音よりも低いC音を出すマンドロンチェロの弦長は57cmであり、音域が重なっている。撥弦楽器属のマンドロンチェロが低音域を強化するために取り込まれてきたこと、独奏楽器であったギターが従来からマンドリンアンサンブルに組み入れられていたことから低音域が重なっている。このマンドラ、マンドロンチェロ、ギターが低音域で重なっていることとマンドリンとマンドラの隙間が大きいことはアンサンブルとしてバランスは悪いといえる。現在のマンドリンオーケストラはマンドリンⅠⅡ、マンドラ・マンドロンチェロ、ギター・コントラバスの3グループで構成されているといえるだろう。

ヴァイオリン族の弦長バランス

 ヴァイオリン属の弦楽四重奏ではヴァイオリンの弦長32.4cmに対してヴィオラは40cmで5度下、そのオクターブ下のチェロは75cmとバランスがよい。さらにコントラバスは6度下のEが低音弦であり一般的に使われるスケールは108cmであり、やや短いがヨーロッパで使われルフルサイズ(8/8)の120cmではチェロの弦長とバランスがよい。米国のマンドリンオーケストラはヴァイオリン属の弦楽四重奏と同様の楽器を利用している。ヴァイオリン属と同様の楽器構成なので楽器間のつながりやバランスは良いといえる。