フレット楽器の特性

 マンドリン族およびギターはフレット楽器である。フレットがあることで弦を押さえて弾けばその音が出るため、ヴァイオリン族や三味線のように正しい運指と音程を合わせる練習をしなくてもよい。このことによりアマチュアが取り組みやすい楽器となっているが、逆に音楽の大切な要素であるメロディーやハーモニーのベースである音程を気にしないことになりやすい。
 フレット楽器のフレット位置は通常平均律(十二平均律)から割り出されている。平均律は転調をした場合にも、そのままの調弦で同様の音程を保てるので便利である。隣り合っている音は2の12分の1乗であり、理論的に短三度や長六度では純正律に比較して0.9%程度の誤差が発生する。管楽器やフレットのない弦楽器ではこれを調整しながら演奏する、いわゆる良いイントネーションを追求することが技術の一つであり、常に音程と和弦など他の楽器の響きに耳を傾けなければいけない。ただし、純正律のように完全な和音が美しいという事でもなく、全弦ユニゾンにおける多少の揺らぎは音楽的な味ともいえ、ヴィブラートも音楽的に要求される訳だが、フレット楽器の場合はピアノやハープなどと同様に通常は調弦をしっかりしておくことでしか対応できない。
 ただし、十分に訓練されていないオーケストラでイントネーションの悪い演奏を聴くことがあるが、マンドリンオーケストラはその点で音程が大きくずれることは無いので聞きやすいという人もいる。最近はチューナーを使う事が多いが、慣れてきたら耳で聞いて合わせるようにする。なお、ハーモニックスで合わせる場合は純正律の音となる。
音程に関しては和音の響きやメロディーの美しさを感じられるように演奏すること。チューニングは自分の耳で行って、チューナーは確認の意味で使うのが良い。

平均律とフレット

 理論的な寸法に正しくフレットが打ち込まれていることが平均律として正しい音を発生する基本だが、実際には駒の位置、調弦の正確さ、弦の浮きや張力のバラツキなどによりずれが生じる。また、フレットを押さえると音は高くなり、弦の張力に応じて駒(サドル)の高さ、フレット位置などを設定し、サドルやナット部分に補正を加えることもある。マンドリンではサドルの段差、ギターではストリングピロー(第一フレットの寸法を減らすためのナット部分のパーツ)などを見ることがある。ギターの場合、ナイロン弦よりも子羊の腸から作った本来のガット弦の方が音の狂いは少ないといわれている。
  経年劣化による表面板のへこみ、ネックの反り、弦巻への巻き方などによっても音程は変化する。演奏中であっても温度の変化、弦のゆるみなどで音程は変わるので注意が必要である。楽器によっては第一フレットやハイポジションの場合に当初から音程のずれているのが認められ、フレット楽器であるマンドリン族は楽器の選択と調整が欠かせない。

平均律での音程の改良

フレット楽器の音程を純正律に近づけたり、弦による違いを平準化する試みはいくつか見られる。写真の例はアルモニア(現仙台マンドリンクラブ)の初期に“ピタゴラス平均律フレッチング”をもとにしたギターを宮本金八氏が製作し、小倉俊氏が当時演奏会に使用していた。
 

中全音律は西洋音楽の代表的な音律の一つでミーントーンとも呼ばれる。15~19世紀に主に鍵盤楽器の調律で広く使用されたが、この調律をギター製作家の田中清人氏が依頼を受けて1/16ミーントーンで制作したギターがある。

また、ギターメーカーフジゲンが開発したサークルフレッティングシステムというのがある。これは、すべての弦がフレットと直交し、0フレットからの距離がどの弦も同じ長さになるスペックのスケール値を持っている。

 

 ナルシス・イエペスが考案した10弦ギターは平均律による倍音の乏しい半音階を補強することで、豊かな音になるよう工夫されている。しかし不必要な倍音を止める作業が入り、演奏法は複雑になる。

ストリングピローに関しては「マンドリンの構造と各部機能」の中の「力木ブリッジナット」からストリングピローを参照。