アルペジオ(Arpeggio)、 クーレ奏法

2音、3音、4音などの和音を滑らかに弾く方法。3弦から4弦にわたってダウンとアップにより分散和音を出す。滑走アルペジオとも呼ばれ、ピックを回転させるようにして弾く。カラーチェの独奏曲に多い。

マネンテ「メリアの平原にて」の2ndマンドリンのアルペジオ 

 ブルーグラスでのバンジョー奏法を応用し、メロディーを組み合わせたマクレイノルズ・クロスピッキングという奏法がある。これはジェシー・マクレイノルドというマンドリン奏者がよく弾く方法で、3弦による滑走アルペジオが多い

 二音のアルペジオをクーレと呼び、ピックが弦を移ってもダウンまたはアップで滑らかに奏する。速いパッセージを演奏する場合に効果的であり、合奏においても是非マスターしておくべきテクニックである。