装飾音

 装飾音とは、音に短い飾りの音を付けること。大別して、装飾音符と呼ばれる小音符で示されるものと、装飾記号と呼ばれる記号で示されるものに分けられる。
前打音(長前打音Appoggiatura、短前打音Acciaccatura))、複前打音、後打音、トリル、ターン、アルペジオ、グリッサンド、ポルタメントなどがある。

メルラーナ・フォクト作曲「アルプスの情景」第3楽章 短前打音の例

 S.サルベッティ「山嶽詩」の冒頭部分
 重音アルペジオを急速に行って、その後にトレモロに移行する。

 バロックなどの古典音楽では長前打音が多い。また装飾音を奏者に任せることも多かった。ヴィヴァルディーのマンドリン協奏曲でも楽曲の繰り返しの際に装飾を入れている演奏をレコードなどで聞くことが出来る。


 長前打音の記譜と実際の演奏

トリラ

  トリラは短二度または長二度の繰り返しであり、ピックのアップダウンに合わせて押さえた指を上下する事で奏する。短二度、長二度では音符の上に“tr”または“trと波線の組み合わせ”で記され、長二度よりも広いトリラの場合は2つの音の間を3本線で表わすか、2つの二分音符を32分音符と同様の3本線で表わす。速いパッセージでは16分音符の連続となる。次の「マンドリンの群れ」の例では16分音符となる。


トリル、ターン、モルデント

 マンドリン族はトリルやターンも通常は一つ一つの音をピッキングで奏する。ヴァイオリン族のように弓で一気に弾くことが出来ないため、速い演奏は技術を必要とする。オーケストラ曲を編曲するときなどは注意すべきだろう。


ボロディン 弦楽4重奏曲 第2番 ノクターン

ターンの例は基本形だが、シャープやフラットが付いた変化形がある。
モルデントは一音だけ音を上げる。縦棒が入っている場合は一音下げて演奏する。

 ルネッサンスからバッハあたりまでの音楽では装飾音に関していろいろな演奏法があり、バッハは弾いて欲しい装飾音を楽譜に書いていたが、それ以前の音楽では奏者に任されていて楽譜に記されていない。グレゴリア聖歌などではメリスマと呼ばれ、1音節対1音符で作曲されている部分(シラブル様式)に、2つ以上の音符を用いて歌う。楽譜に書かれている音譜だけを弾くのでは単純でつまらない演奏となってしまう。従ってその時代の音楽を演奏するには習慣や形式を知り、それらしい雰囲気を出すセンスが必要といえる。

こぶし

 日本の演歌では歌いまわしとして「こぶし」が重要だ。こぶしは小節と書き、楽譜には通常書かれない装飾音符の事。マンドリン合奏で演歌を弾くことも多いが、このこぶしの表現を取り入れることはほとんどない。バロック時代の装飾音のように取り入れてみたらどうだろうか。その他演歌の歌唱法では少し下の音から入る「しゃくり」や小節の終わりに音を下げる「フォール」などがある。