音楽表現の手順

光星学院八戸短期大学研究紀要 第26巻に「初心者のための合奏指導と指揮.」がある

この中のスコアリーディングの抜粋を見てみる。

1)スコアリーディング

 スコアからは、いろいろなことを読み取る ことができる。その中には楽譜に比較的はっ きりと示されているものと、指揮者が読み取 らなければならないものがある。楽譜に示さ れているものとして次のようなものをあげる ことができる。 

(1)曲は何調であるか。 

(2)何拍子であるか。 

(3)どのような速度で演奏するのか。 

(4)速度はどのように変わっているか。 

(5)強弱はどのように変わっているか。 

(6)どの部分で、どの楽器に主旋律があるか。

(7)どの部分でどの楽器がソロで演奏する か。 

(8)楽器の組み合わせはどうなっているか。 

(9)打楽器がどこでどんな役目を果たして いるか2。

 (10)形式がどのように組み立てられている か。 

(11)曲のスタイルはどうなっているか。 

 

2)スコアを見ただけではわからないこと

指 揮者が判断し、もっとも良い方法を指示しな ければいけないこととして、次のことが考え られる。 

(1)楽器にどんな音色が要求されているか。 

(2)ハーモニーはどう構成され、どう変 わっていくか。また、そのバランスは どうとらなければならないか。 

(3)旋律は、どこからどこまでを一つのフ レーズと考えなければならないか。 

(4)その旋律は、どういう抑揚をもって演奏しなければならないか。

(5)楽譜には示されていないが、どこかで わずかに早くしたり、遅くしたりする 必要があるかどうか。 

(6)どんなアーティキュレーションで演奏 したらよいのか。 

(7)音符を長めに演奏するのか、マルカー トなのか、それとも短めなのか。

(8)どこに音楽としての聞かせ所を作った らよいのか。

 

音楽家の北村憲昭氏による合奏のマニュアル 指揮のマニュアルなど多くの著書がある。

主に吹奏楽のためのマニュアルだが、合奏をするのに参考になるので一読するとよい。

その中に音楽の表現方法が出ている。

「音楽の表現を順を追って整理してみよう」

1:まずは音符その物だけを音に置き換えてみる。

(強弱、記号、テンポ、出来れば小節線も出来るだけ無視して)

2:理解しがたい部分、一度で覚えられないような旋律を分かる様に整理する。

(音の組み合わせを変えてみる)

3:テンポやその他の書き込みと比べてみる。

4:表題や決まったリズムとの関係を確かめる。

5:なるだけ作曲家や表題などの知識を深める。

6:全体のストーリーを理解する。

(ドラマの展開を考えてみる。場合によっては、自分なりのお話を作ってみる。)

7:それぞれの部分での表現がそのドラマの進展通りになるように組み立てる。

8:それぞれの旋律、キャラクターの性格を全体から理解する。

9:一つ一つの音の表情がそれにふさわしいかを考える。

10:練習で色々と試してみる。

11:本番で自分の言葉として演奏する。

 

 マンドリン合奏の楽譜は印刷譜として出版されているものは少なく、作曲者のオリジナル楽譜に対して低音部や打楽器を追加されている楽譜も多い。演奏に当たっては書かれている内容が作曲者の意図したものか、編曲者や後世の演奏家による書き込みなのかを頭において表現することも重要だ。クラシックの出版譜としてはオイレンブルグ版が有名だが、今でも間違いが多いという。正しい楽譜を求める人はブライトコップフ、ベーレンライター、デュラン、リコルディ版などの信頼性が高いという。

 少なくとも、スコアとパート譜は完全に一致していることが必要だ。

音の強弱