「泣かせたまえ」Lascia ch'io pianga

ヘンデル 作曲

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(George Frideric Handel/1685-1759)のオペラ「リナルド(RINALDO)」で歌われる有名なアリア。
 
オペラの舞台は11世紀のパレスチナ。主人公のリナルドは十字軍の勇士。そしてリナルドの恋人アルミレーナ。エルサレムの王はリナルドを捕虜にするため、魔法使いの手を借りてアルミレーナを連れ去る。とらわれの身になったアルミレーナはエルサレムの王アルガンテから誘惑されるがその申し出を拒否し、リナルドへの愛を守り、愛に殉じる決意を示す。その運命の過酷さを歌うアリア。

私を一人で泣かせてください 

残酷な運命に溜息をつかせてください

失われた自由に私の悲しみの鎖を打ち砕くは

哀れみだけ