「マズルカ 聖誕祭」Feste Natalizie ,Mazurka

G.マネンテ 作曲

ジュゼッペ・マネンテ(Giuseppe Manente,)は1867年2月3日イタリアのサンニオで生まれ、1941年5月17日ローマに逝ったイタリアの作曲家・指揮者。

 

音楽家の父をもち、幼少から音楽を好みナポリ、ローマで音楽を学ぶ。王立陸軍軍学校卒業後、1889年に歩兵第60連隊軍楽隊の指揮者を始め、各地の軍楽隊長を歴任。 吹奏楽曲、マンドリン合奏曲、ピアノ曲など多数の作品を残している。

 

マネンテは、晩年、中野二郎と親交があった関係で、彼に関する資料には中野氏の研究によるものが多い。また、中野氏により、マネンテの多くの吹奏楽曲がマンドリンオーケストラ用へ編曲されている。(マネンテに関して詳しくは「メリアの平原にて」を参照)

 

1911年作曲の”Feste Natalizie Mazurka”(作品番号135)は軽快なマズルカの曲。「誕生祝い」という題名が使われているが、「聖誕祭」のほうが良い。この曲も当初、吹奏楽のために作曲され、中野二郎がマンドリン合奏用に編曲したものでスネアドラムが入っている。