組曲 「吟遊詩人」アメデオ・アマデイ作曲Suite Medioevale(Vate)  Op.335 編曲 中野二郎

 1.Corteggio

 2.Canzone del Paggio

 3.Idille

 4.Festa Nuzisle

 

図はジョングルールと呼ばれた吟遊詩人

吟遊詩人の曲名

 「吟遊詩人」はアメデオ・アマデイ(Amedeo Amadei 1866年12月9日イタリア・ロレート~1935年6月16日トリノ)による1912年頃の作曲だが、アマデイの死後、娘のカルラから中野二郎に贈られ編曲された作品で、原曲は管弦楽曲である。1975年12月9日同志社大学マンドリンクラブの第87回定期演奏会で同志社大学創立100周年記念行事として京都会館第2ホールにて一部が演奏され、1977年5月30日に大阪青少年会館で同じく同志社大学マンドリンクラブ第90回定期演奏会で全楽章初演となった。

 

 「吟遊詩人」Suite Medioevaleは「組曲・中世の」というだけで曲名に「吟遊詩人」がなく、(吟遊)詩人を意味する”Vate”を書き落としたようだ。「中世の吟遊詩人」という訳もあり、Suite Medioevale Vate が本来の題名と思われる。

吟遊詩人 各楽章の内容

  曲は4楽章あり、中野二郎の「マンドリン古典合奏曲集」によれば各楽章の日本語訳は1.供奉 2.若き修道士の歌 3.牧歌 4.結婚祝典となっている。

  吟遊詩人は詩や曲を作り、各地を訪れて歌う人といった意味だが、中世ヨーロッパで十字軍に参加した騎士、托鉢修道会の僧侶、カンティンパンカ、ジョングルールなどが吟遊詩人と呼ばれている。アマデイは中世イタリアの、これら吟遊詩人を4楽章に組み立てたと考えられる。

第1楽章 Corteggio 供奉

 供奉(ぐぶ)と訳されていて曲頭の発想記号がMarziale行進曲となっている。コルテッジオCorteggioは行進、儀仗、行列などの意。ローマ法王の名のもと十字軍に参加し、イスラムに奪われた聖地エルサレム奪回に向かう騎士Cavaliereと傭兵達の行進曲。ファンファーレが鳴り響き、勇壮に進んでいく。遠隔地の様子を音楽に乗せて語る吟遊詩人の発祥である。

第2楽章 Canzone del Paggio 若き修道士の歌

 パッジオPaggioは一般に騎士見習いのことだが、若い修道士の事も指すようだ。修道院の宗教的束縛から自由を求めて修道院を出て行った托鉢修道会の僧侶や厳しい修道院の生活から逃げ出した放浪の修道士はラウダlaudaと呼ばれる宗教歌謡を歌いながら各地で布教活動をした、吟遊詩人の一種である。

第3楽章 Idille 牧歌

 イディレIdilleは田園詩、牧歌、純愛などを意味する。曲想の指示amorosoから愛の歌や愛の夢とも訳されている。16世紀頃までフィレンツェ、ヴェネツィア、ナポリなどで活動したフラットラfrettolaという素朴な詩歌を歌うカンティンパンカCantipancaと呼ばれる民衆の吟遊詩人がいた。リュートを伴奏に歌う愛の歌。

第4楽章 Festa Nuzisle 結婚祝典

 低層階級出身の放浪の音楽師ジョングルールJongleurは代表的な吟遊詩人だが、中世の後期には歌だけでなく、曲芸や奇術、動物使いなどの見世物芸も演じ、裕福な市民階級が主催する町の催事などで活動した。教会での結婚式の後に行われる家での披露宴にジョングルールが参加して、宴会の盛り上がる様子をあらわしている。

演奏時間

 第1楽章 約2分50秒 第2楽章 約2分50秒 第3楽章 約3分10秒 第4楽章 約2分

 第3楽章と第4楽章は続けて奏されることが多い。

中世ヨーロッパと吟遊詩人

騎士と吟遊詩人

 中世ヨーロッパは戦争が絶えず、騎士達は各地に出向いていった。このため遠隔地での戦争の様子や有名な騎士の活躍などを音楽に乗せて語る吟遊詩人が発生する。また騎士道精神が生み出され、十字軍に関する歌をはじめ、女性賛美の思想、英雄賛歌、宮廷や教会などの既成権威の批判、恋愛や酒など現世を謳歌する歌などが生まれた。イタリア以外の吟遊詩人では北フランスからドイツ各地に掛けてのゴリアールGoliardsと呼ばれた放浪の学僧達、北フランス及びイギリスで、貴族階級の音楽の担い手であったトルヴェールTrouvère、12世紀頃のドイツ・オーストリア圏において理念風の愛であるミンネを歌うミンネゼンガーMinnesängerなどが知られている。しかしながらウルバンⅡ世による1096年の第1回遠征から約200年続いた十字軍もアッコン要塞陥落でほぼ終了し、結局は成功しなかった。13世紀以降、騎士の没落と共に騎士文化を背景とする吟遊詩人は終わりを告げ、ジョングルールも吟遊詩人から旅芸人へと変節していった。

吟遊詩人とヨーロッパ音楽の発展

 なお、中世ヨーロッパの吟遊詩人達が語った物語である「アーサー王伝説」「パルシヴァル」「トリスタンとイゾルデ」「ニーベルンゲンの歌」やドイツの職人たちが詩人組合を作ってコンクールを行った「ニュールンベルクのマイスタージンガー」など、その後のヨーロッパ音楽のベースになっており、中世の世俗音楽の発展は吟遊詩人と呼ばれる人達によるところが大きい。

(中公文庫・世界の歴史3中世ヨーロッパ 堀米庸三編集等参照)

アマデイに関しては「ミヌエットとガボッタ」を参照。

写真は現代の吟遊詩人(ヴェネツィアにて)