序曲「レナータ」ラヴィトラーノ Renata,ouverture作曲:Hyacinthe Lavitrano/Giacinto Lavitrano

 序曲「レナータ」は1909年パリの L'Estudiantina(レステューディアンティーナ)誌主催の作曲コンクールで2位を受賞した曲であり、ラヴィトラーノの代表的なマンドリン合奏曲のひとつ。宗教戦争のさなか自分の信仰を守った女性の半生を描いている。

 題名のレナータはイタリア語ではレナータ・ディ・フランチア(Renata di Francia)、フランス語ではルネ・ド・フランス(Renée de France)を指す。ここではルネで記す。ラヴィトラーノが「レナータ」とイタリア語の題名にしているのはカソリックの家族への遠慮かも知れない。

絵はCorneille de Lyonによる肖像画。

宗教戦争とルネの生い立ち

 フランスでのカソリック教徒とカルヴァン派のプロテスタントであるHuguenotユグノーによる宗教戦争は1562年のヴァシーの虐殺から1598年のナント勅令まで、休戦を挟んで8次40年近くにわたり続いた。歴史的にはユグノー戦争と呼ばれている。

1518年~1519年にマルティン・ルターの書物によって宗教改革がフランスに伝えられたが、ローマ教会がルターを非難したため1521年以降は、プロテスタント信仰を持つ者は火あぶりの刑か亡命の他に選ぶ道が無くなった。

 ルネは宗教改革前夜である1510年10月25日にフランス王ルイ12世と王妃アンヌ・ド・ブルターニュの次女として、フランス中央部のブロワで生まれた。

ルネの結婚と夫エルコレ2世

 1528年4月、ルネはフェラーラ公アルフォンソ1世の跡を継いだエルコレ2世と結婚した。ルネは新しい芸術と科学を取り入れる進歩的な女性であった。しかし公妃ルネの持ち込んだフランス文化は支配的で高くつくこと、また、エルコレはローマ教皇アレクサンドル6世の孫に当たることもあり、パウルス3世に忠誠を誓った。彼は反フランスに鞍替えし、宮廷も反フランスに塗り替えた。

 ルネは国外のプロテスタント同調者ジャン・カルヴァンらと文通をしており、エルコレは妻を異教徒だと告訴する。(wikipediaなどを参照)

序曲レナータの構成 宗教裁判

 序曲「レナータ」は夫エルコレに告訴された場面から始まっている。宗教裁判がおこなわれ、ルネは圧力に屈し改宗させられ、財産は没収、身柄を拘束される。

 その5年後にルネはエルコレの死により解放される。ソロの部分はその場面のようだ。しかしながら長男アルフォンソ2世・デステは宗教的異端である母をフランスへ送還する。

 ルネはフランスの私領地モンタルジの城へ移り住んだ。隠れ家ともいえるモンタルジはユグノー達の信仰の拠点となる。また、義理の息子に迫害された人々の避難所にもなっていく。緩徐楽部はモンタルジの城での描写だろう。宗教戦争は激しさを増し、モンタルジの城も安全な隠れ家ではなくなっていった。

サンバルテルミの虐殺

 ルネはカソリック教徒がパリで2000人、全仏で1万人以上のユグノーを虐殺する1572年8月24日に発生したサン・バルテルミの事件に遭遇し、多くのユグノーらを救い出した。後半のアレグロの部分はこの時のルネの活躍をあらわしている。アレグロの前の2小節は虐殺の合図となったサン ジェルマン ロクセロワ教会の鐘の音だろう。

 コーダ部分は前後のつながりが希薄で突如終わるような印象だが、サン・バルテルミ虐殺の2年後である1574年に自分の宗教的信条を守り通したルネの最後をあらわしている。

演奏時間 約9分

ラヴィトラーノの音楽と女性

キリスト教と音楽

 枢機卿のルイージを父に、その父に従う保守的な母のもと、聖オーガスティン大聖堂のオルガニストに就き、長年にわたってフォリオのサンセバスティアーノ教会へのオルガン曲、合唱と独唱曲を送り続けたラヴィトラーノがユグノーのルネ(レナータ)を取り上げたのにはどんな意味があるのだろうか?イスキアHPでのラヴィトラーノ伝記によれば、彼は両親により十字架に縛り付けられ、芸術的創造との葛藤に悩んでいたという。

 ラヴィトラーノはマンドリン音楽を書かなくなり、晩年は経済的に困難であったと伝えられているが、「レナータ」はそのきっかけとなっているのかもしれない。

ラヴィトラーナと女性

 ローラもレナータもヨーロッパではよく知られている歴史上の人物だ。ローラは美しい容貌と踊りを武器に自由に生き、バイエルンの貴族にまでなったが、追放されて最後はニューヨークで全てを失い、半身不随の病気となり淋しく亡くなった。

 先進的な女性であったレナータ(ルネ)はローマカソリックを擁護する家族との逆境の中で自分の信仰を守り、宗教戦争のさなか、ユグノーとして死んでいった。

 ラヴィトラーノは生涯結婚せず、家族といえるのはフランスからアルジェリアに渡ってきた人達であった。彼はカソリック式の結婚式を挙げたくなかったのかもしれない。ラヴィトラーノはローラやレナータのように激しく変動する歴史の中でも強く生きた女性にあこがれていたのではないかと思われる。(知久幹夫)

 ラヴィトラーノに関しては「ローラ」序曲参照