雪 ~ロマンツァとボレロ~ ラヴィトラーノ NIEVES ~Romanza e Bolero~ 作曲:Hyacinthe Lavitrano/Giacinto Lavitrano

作品の概要

 ラヴィトラーノ(Giacinto /Hyacinthe Lavitrano)作曲の「雪」(NIEVES ~Romanza e Bolero~)はミラノでのイル・プレットロIl Plettro誌主催1908年コンクールの「幻想曲、前奏曲、間奏曲、セレナータ等」部門で上位に入賞した作品であり、イル・プレットロから1910年1月に出版されている。イル・プレットロ誌主幹のアレッサンドロ・ヴィッツァリは「雪~ロマンツァとボレロ~」の出版にあたり、ラヴィトラーノの写真と経歴を掲げ「非凡な音楽家ラヴィトラーノ教授は、また数ヶ国語に通じる博識家で我々の喜びと心からの尊敬をおくる」と述べている。

 

改題された「雪」

 作曲当初の題名は「ボレロ」だったが、出版にあたって「四重奏のための 雪~ロマンツァとボレロ~」と改題された。原曲は第1第2マンドリン、マンドラ、ギターの4重奏だが、現在では中野二郎によって、マンドロンチェロ、コントラバス、及びタンバリンとカスタネットが加えられた編曲版で演奏されることが多い。ボレロはスペインの18世紀以後の音楽様式だが、その元であるセギディーリャスはフラメンコのメッカ、セビリア付近の音楽。セギディーリャスは16世紀から盛んに作られ、国民的な音楽となっている。「雪」での「ボレロ」のリズムはセギディーリャスだが、これはスペイン地方の音楽を代表している。

 

作曲の背景と要素

 ラヴィトラーノの「雪」は「ローラ」「レナータ」と並ぶ、初期の代表的3曲の1曲である。「ローラ」はミュンヘンの反乱、「レナータ」はユグノー戦争と、ラヴィトラーノはいずれも歴史上の出来事を作曲のモチーフにしている。(知久幹夫)従って同時期に作曲された「雪」も同様に歴史の一断面を捉えていると考えられる。題名から歴史上の出来事を予想することが困難だが、楽曲のモチーフと少ない情報から仮説として組み立てた。

 

 ラヴィトラーノは移住した仏領アルジェリアのボーンから北イタリアやスペインなど、ヨーロッパ各地に頻繁に旅行している。「雪」はラヴィトラーノがスペインを訪れたときにインスピレーションを得てマンドリン音楽に取り込んだと思われる。訪問したのはシェラネバダ山脈の麓、スペイン南部の地中海に近い地方のマラガ、セビリアからグラナダあたりだろう。作曲当初の「ボレロ」から改題された「雪~ロマンツァとボレロ~」の“雪”はグラナダから見えるシェラネバダ山脈の雪をあらわし、イタリア語で書かれている“ロマンツァRomanza”は現代の音楽用語としては叙情的で甘美な音楽形式を指すが、本来は「ローマ風」を意味する。ここではローマカソリックの影響を暗示している。”ボレロ”はスペイン地方の舞踊曲、具体的にはセギディーリャス(Seguidillas)である。

ナスル朝グラナダ王国

 アルハンブラ宮殿で有名なグラナダは西暦711年にジブラルタル海峡を渡ってきたイスラム教徒の時代に文化的に発展し、栄華を極めた。1236年コルドバ陥落後、西イスラム王国の知識人や職人たちは大挙してグラナダに移り住んだので、グラナダは1492年レコンキスタ(再征服運動)の完了と言われるアラゴン国フェルディナンド王とカスティーリャ国イザベラ女王のカソリック両国の攻撃による陥落まで、スペイン・イスラム社会最後の首都として栄えた。

 このナスル朝グラナダはイスラム以外の宗教にも寛大であり、異なった考えや宗教が2世紀以上にもわたって共存したことで知られている。当時キリスト教世界で弾圧されていたユダヤ人も多く居住していた。「雪」はこういった状況のナスル朝の君主であったアブルハサン・アリー(ボアブディルの父)の時代のグラナダ王国とシェラネバダ山脈をモチーフにしている。シェラネバダ(Sierra Nevada)とはスペイン語で「積雪のある山脈」である。

ラヴィトラーノ作曲「雪」の構成

 曲は短いコーランの祈りかグラナダの嘆きのようなイスラム旋律の序奏で始まる。次にスペインの喧噪をあらわす激しいボレロ(セギディーリャス)のリズム、そして堂々としたメロディが続く。これは当時スペインとして統合されていなかったアラゴン王国=カスティーリャ王国のキリスト教連合などによるグラナダに対する攻勢のようだ。これらのメロディが交錯しながら曲は進んでいく。

(写真はアルハンブラ宮殿とシェラネバダ山脈)

 

シェラネバダの雪

 緩徐楽部は雪をかぶったシェラネバダ山脈の情景をあらわしている。シェラネバダ山脈の主峰、3,478.6mのムラセン山はアブルハサン・アリーが山頂に埋葬されたとする伝説があり、グラナダ王国の象徴でもある。グラナダから望まれるシェラネバダの静謐なたたずまいを心象風景として表現したのがラヴィトラーノの「雪」の意味である。

 静かで深閑としたメロディは地上の争いを天上から俯瞰しているように聞こえ,る。

 

レコンキスタの展開

 追いかけられるようなメロディはレコンキスタの展開をあらわしている。ナスル朝期にレコンキスタはカスティーリャ王国が主導し、その勢力はグラナダ近くのコルドバやセビリアまで迫っていた。スペインイスラム最後の砦であるグラナダもいよいよ陥落かと思われたが、レコンキスタは一時停止する。それはヨーロッパで大流行した黒死病(ペスト)の蔓延によるもので、曲の途中で突然止まる部分がそれにあたる。グラナダに束の間の平和が訪れるが、その後再びレコンキスタは勢いを増し、グラナダに迫る。

 曲の最後はイスラムのテーマとスペイン・セビリアの長調になったメロディが続けて強奏され曲は閉じる。

 

陥落後のグラナダ

 陥落後のグラナダでは、キリスト教徒によるユダヤ人の虐殺が行われ、多くのユダヤ人がグラナダだけではなくイベリア半島から去っている。曲の最後がイスラムとセビリアのメロディの強奏で終わっているのはキリスト教系スペインがイスラムを制圧したように聞こえる。しかし、スペイン・イスラム社会最後の首都グラナダを象徴する「雪」は出版に当たって改めて付けられたこと、“NIEVES”がスペイン語の大文字で記され、“Romanza e Bolero”は小文字で書かれていることを考え合わせると、イスラム教世界とキリスト教世界を平和に共存させたいとするラヴィトラーノの願いのようにも聞こえる。

 

 ボアブディルの時代の1492年1月2日、グラナダ陥落によるレコンキスタの完了はM.M.ガルシアによる「大幻想曲ムーアのグラナダ(グラナダモリスカ)」に取り上げられ、4楽章のマンドリン合奏曲として1924年に作曲されている。

 

1910年代 世界の動向 

 ラヴィトラーノが「雪」「レナータ」を書いた後の1910年代のヨーロッパは産業革命と工業化による経済力・軍事力でヨーロッパのキリスト教系国家が世界を席巻した時代である。1908年に日露戦争で勝利した日本の憲政に刺激され、オスマン帝国では青年トルコ革命が起こった。1914年には第1次世界大戦が勃発、1916年に英・仏・露がオスマン帝国領の分割を密約するなど、イスラムの社会と文化はキリスト教系ヨーロッパ諸国に蹂躙されてしまう。

 更に黒死病を思い起こさせる、数千万人が犠牲になった1918年のスペイン風邪の流行など、世界が揺れ動いた時代であった。

 

作曲活動の休止

 このような歴史的変動の中でラヴィトラーノは作曲の意欲をなくしてしまったようだ。それは宗教的寛容と平和を願っていたと思われるラヴィトラーノの信条とは相容れない方向に歴史が進んでいったからなのだろう。

 第一次世界大戦が終わり、第2次世界大戦前の一時的な平和を保った時代になって、ラヴィトラーノは改めてマンドリンの作曲に取り組む事となる。マチョッキ主宰のエストゥディアンティーナ誌に「全ては去りぬ」「晩年に」「コロンビーヌ」などが載ることになるが、それはラヴィトラーノ58歳、亡くなる5年前の1933年のことである。(知久幹夫)

 

編成:弦6部(原曲は弦4部)

演奏時間:約6分30秒